乃東枯〜なつかれくさかるる〜 2017年二十四節気七十二候

6月21日〜6月25日

二十四節気『夏至(げし)』の初候『乃東枯〜なつかれくさかるる〜』

ほとんどの草花が枯れていく冬(12月)に芽を出し、

植物が花や実をつけ、ぐんぐん伸びていく時期に枯れてしまう夏枯草。

別名ウツボグサという東アジア温帯域に分布する多年草です。

シソ目シソ科なんですって。

 

毎回、この候と冬至の初候「乃東生〜なつかれぐさしょうず〜」の

記事を書くときは、画像がなくて困ってしまいます。

自分で撮影しようにも、生えているところをみたことがありません。

昔はあちこちに咲いていたのでしょうか。

 

こういう時に、おばあちゃんかおじいちゃんがそばにいてくれたらなぁ〜。

「ねえ、昔はどうやったん?」って、訊けるのになぁ。

 

私はたまに、家事や料理のことで、神戸の母に電話をかけて

アドバイスを貰うことがあります。

そうできることにとっても幸せを感じて、

大したことじゃなくても、つい電話をしてしまいます。

こんな小さな幸せがあるから、人は生きていけるんですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る