夏至(げし) 2017年二十四節気七十二候

6月21日〜7月6日

二十四節気『夏至(げし)』

北半球では、一年のうち昼間が最も長く、夜間が最も短くなる日。

旧暦の5月、午の月の中気ということです。

(中気とは・・・冬至から次の冬至までの間を12等分した各区分点。

二十四節気の偶数番目のものがこれにあたる)

夏至は、転換点といいます。私も自分の人生の大きな転換点を迎えています。

 

スペインでは、この時期に夏の始まりを祝うサン・ファンという火祭りがあるそうです。

(カタルーニャ語では、サンジョアン)

スペイン各地で行われているお祭りですが、前夜祭が盛大らしく、

花火や爆竹を鳴らしたり、焚き火の周りに集まって大騒ぎするとか。

ヨーロッパでは、中世の頃から行われているお祭りだということです。

 

日本の夏至はどうでしょう。

静かに暦の転換点に想いを馳せ、個々に夏を思い過ごしている日?

調べてみました。

日本では、猿田彦大神に縁の深い興玉神石(おきたましんせき)をお祀りしている

三重県伊勢市の二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)で行われている

禊の祭りというのがあるようです。

この興玉神石(おきたましんせき)の鳥居として有名なのが、

お伊勢さんの夫婦岩

修学旅行などで行ったことがあるのではないでしょうか。

あの夫婦岩のしめ縄の先、700メートル程の沖合の海底に、

興玉神石(おきたましんせき)が沈んでいるそうです。

 

もともとお伊勢参りの前に、海水で身を清めるための禊浜である場所。

夏至の日には、夫婦岩のちょうど真ん中から登ってくる朝日を浴びながら、

興玉神石(おきたましんせき)の御前で、

真っ白な装束で海に入り、身を清めるお祭りが行われるそうです。

参照: http://ii-nippon.net/日本の祭/79.html

 

夜通し花火や爆竹を鳴らし、賑やかに飲んで歌って踊る

ヨーロッパのお祭りも楽しそうですが、

一年の折り返し地点で、禊をする日本の厳かなお祭りも良いですね。

 

西洋文化か日本文化か。

これまでは、どちらも良いとこどりをしたいという現代の日本人気質でしたが、

この先、どちらの方向性に進むのでしょうか。

 

私は、技術革新による時代の移り変わり、

若者たちの頑張りにより変貌する日本人のマインドの変化を礎に、

日本にも大変革の時期が近づいて来ているように感じます。

 

今回の夏至は、個人的にも社会的にも

世の中を変える大きな転換点になりそうな気がします。

昭和な気質を大きく変えてくれそうな、若者たちに

とっても期待しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る