菖蒲華〜あやめはなさく〜 2017年二十四節気七十二候

6月26日〜6月30日

二十四節気『夏至(げし)』の次候『菖蒲華〜あやめはなさく〜』

あやめの花が咲く頃。あやめは、

花びらの根本付近に網目模様があり、乾いた草地に咲くといいます。

Wikipediaでは、あやめは5月上旬から中旬に咲くと記述されていますが。。。

ということは、もう終わっていて、観ることは出来ないということ?

暦の内容と現実は、かなり違ってきているってこと?

 

そう言えば、水中や湿ったところに咲くと言われているカキツバタや花菖蒲も

もう終わっていたなぁ〜。

先日、根津美術館の庭園を観てきたのですが、

水辺の花菖蒲園には、すっかり花はなくなっていました。

 

今年の梅雨は、異常気象なのかしら。

から梅雨だと思ったら、記録的な豪雨が来て、

一年分の雨を落としていったり、、、

 

長野では、大きな地震があったり、、、

みなさま、災害にはどうぞお気をつけてくださいね。

昔の日本人は自然をよく観察して、

異変を察知して、難を逃れたといいます。

 

都会暮らしをするには、邪魔になるくらいの鋭敏な自然に対する感覚。

本来、人間はそういうものを持っていたのだと思います。

それが環境が変わってしまったので、ほとんど使わなくなり、

意識の奥底に押し込めてしまっているのでしょう。

 

ゲリラ豪雨や地震、その他の自然災害が頻繁に起こる昨今、

私たち人間も、昔ながらの異変察知力を駆使しなければ

生きていけない時代がやって来るのかもしれません。

 

普段は、何があってもおおらかに、

そしていざ自然界に異変が訪れそうな時には、

俊敏に動けるようにしていたいものです。

水や非常食、愛犬のドッグフードなど買い込んで、いざという時に備えています。

 

なんて、夜中にワイン片手に歌舞伎揚を食べながら、

のんきにブログを更新しているMegでした。^^;

日本全国、そして世界にも、何事もありませんように。

 

いずれがアヤメかカキツバタ!

見分ける方法は、こちらWikipediaアヤメのページに♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る