綿柎開〜わたのはなしべひらく〜 2016年二十四節気七十二候

cotton-187782_640

8月23日〜8月27日

二十四節気『処暑(しょしょ)』の初候『綿柎開〜わたのはなしべひらく〜』

綿の実が彈けて、ふわふわと白い綿が顔を出す頃。

この幾つかに湧かれた綿の中に種が数個ずつ入っています。

この綿からは、布や化粧用のコットンが作られ、綿実油も取れます。

先日、CSチャンネルで1977年に制作された

アレックス・ヘイリー原作の「ルーツ」というテレビドラマが放送されていました。

西アフリカの黒人少年クンタ・キンテから奴隷解放時代にいたるまで、

代々の人生を描いた長編ドラマです。

幼かった私は、このドラマに夢中になったことを覚えています。

人権を無視して、アフリカ大陸からアメリカ大陸へ奴隷として売り飛ばされた

主人公とその子孫の過酷な人生と、彼らが働いていた綿花栽培の巨大プランテーションが

重なって頭から離れません。

綿花の実を見る度に、あのドラマを思い出します。

今回のオリンピックでも、エチオピアの選手が命がけで人権擁護の意思を表明しました。

何十年も前にも、アメリカの黒人選手とオーストラリアの白人選手が

メダル授与式の場で、公民権運動への支持表明し、

その後、辛く厳しい人生を送ったそうです。

私にとって、綿花は平等な人権の必要性を改めて思い出させる特別な実です。

古来より、人の衣類となり、衛生用品となり、

様々な人々の生活を支えて来た綿花。

平和の象徴として、いつまでも柔らかく温かく、人々の心に影響を与える存在だと思います。

そんな綿花が実るこの時期、世界中の人権を改めて考える良い機会になればと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る