腐草為蛍〜かれたるくさほたるとなる〜 2016年二十四節気七十二候

  • 2016-6-10
  • 腐草為蛍〜かれたるくさほたるとなる〜 2016年二十四節気七十二候 はコメントを受け付けていません。

 

lichterkette-232198_640

6月10日〜6月14日

二十四節気『芒種(ぼうしゅ)』の次候『腐草為蛍〜かれたるくさほたるとなる〜』

蛍が飛び交う季節になりました。

お友達のFBポストでも、蛍の話題もちらほらと出始めています。

蛍の光は、儚くもあり、生命を感じさせる強さもあります。

日本人にとっては、夏の風物詩ですよね。

 

蛍は、世界におよそ2,000種類、生息しているそうです。

主に熱帯や温帯の雨の多い地域で暖かい季節に活動しますが、

中には、中国・韓国や対馬で秋に成虫になるアキマドボタルや、

西表島では、真冬に発光するイリオモテボタルもいるということです。

(Wikipediaより https://ja.wikipedia.org/wiki/ホタル

 

現代社会では、便利なものがたくさん出来て、

生活も昔に比べれば、随分楽になりました。

家事1つとっても、重労働だった昔の時代は、

自然を愛でたり、祭祀を営んだりしながら、

日常生活の大変さを乗り越えていっていたのでしょう。

 

梅雨を迎えるこの時期、うっとおしいお天気の中、

気持ちも鬱々としてしまいがち。

こんな季節の中、心を優しく照らしてくれる蛍の光。

光は、人間にとって古来から神聖な物。

清めてくれたり、温めてくれたり、導いてくれたり、

様々な力を持っています。

とっても大切な存在ですよね。

もっと蛍の生息域が広がりますように、

綺麗な水が流れる自然環境を、守り増やしていく努力が必要だと思います。

私も何か出来ることから始めたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る