蓮始開〜はすはじめてひらく〜 2016年二十四節気七十二候

han0062-013

7月12日〜7月16日

二十四節気『小暑(しょうしょ)』の次候『蓮始開〜はすはじめてひらく〜』

蓮の花が開き始める頃。よしよし。市井でも暦通りに物事が進んでいるようですね。

あちらこちらから、蓮の開花を知らせる情報が届いています!

 

泥の中よりい出て、これほど美しい花を咲かせる蓮。

この花の持つ意味合いを、名前の由来にしている方が、

私の周りにも、たくさんいらっしゃいます。

この花にも、その意味を名前に持つ方々も、私の憧れの存在。

蓮を観る度に、思い出します。

枯れてもなおその姿で人々を魅了する蓮。

障壁画でも、生と死を表す題材として、

著名な画家たちに、何度も何度も描かれてきました。

生きる姿にも、この世での役目を終え

枯れて行く姿にも、人々は心を奪われます。

生と死と再生の象徴ともいえる蓮。

その美しさ、ありがたさを忘れずに

日々、過ごして行きたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る