蟄虫坏戸〜むしかくれてとをふさぐ〜

ground-481053_640

9月27日〜10月2日

二十四節気『秋分(しゅうぶん)』の次候『蟄虫坏戸〜むしかくれてとをふさぐ〜』

そろそろ虫たちが冬支度を始める頃です。

越冬に向けて、土の中にこもり始めます。

これから先は、蛹たちも浮かせず春を待つことに。

我が家にも、なかなか羽化しない蛹が3つ残っています。

また春まで、部屋の中で見守ることにしましょう。

 

みなさん、蝶たちは蛹の中ではどんな姿で羽化を待っていると思いますか?

実は、蛹の中は、ドロドロの液状なんです。びっくりでしょ。

私は、徐々に羽根が生えてきた青虫が、

ほとんど蝶に近い形で、羽化の日を待っているのかと思っていました。

でも、本当はあの中は液体なのです。

液体でありながら蝶になる準備を進めている生命体。

なんだかSF映画に出てくるエイリアンみたい。

そう言えば、SF映画のエイリアンって、みんな昆虫に似てません?

魚類や両生類に似ているものもいるなぁ〜。

人間の想像力・直感力って、意外と、鋭い!ものだから、

もし本当に地球外生命体がいるとしたら、

人間が想像したものに、少しは似ているのかも。

これから更にどんどん科学が進歩していき、

その辺の謎の解明も近いかもしれませんね。

長寿と繁栄がフォースと共にあらんことを。^^v

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る