秋分(しゅうぶん) 2015年二十四節気七十二候

nature-103416_640

9月23日〜10月7日

二十四節気『秋分(しゅうぶん)』

昼の長さと夜の長さが同じになるのが、春分の日と秋分の日。

季節を分ける重要な一日です。

天文学上も、農作業においても、また、人々の心においても、

まさに節目というべき日として、昔から大切にされてきました。

春分の日(3月19日〜3月22日)、秋分の日(9月22日〜9月24日)は、

国立天文台「暦象年表」に基づき閣議決定、

前年2月1日頃に官報で暦要項として公告されるそうです。

二十四節気七十二候は、天体の運行にしたがって移り変わっていくものなので、

私もこのブログを書いていく上で、毎回、国立天文台のHPを確認しています。

国立天文台 天文情報センター 暦計算室  http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/

これから日の出が遅くなり、日の入りが早くなり、

どんどん夜が長くなっていきます。

寒くなってくる秋、そして冬は、オシャレ本番の季節。

羽織ものやストール、コート。コーディネートも愉しいですよね〜。

また、着物にも一番良いシーズン。なんと言っても、暖かくて快適です。

たくさん着物を着る機会を増やしていきたいと思います。

楽しみ〜〜〜♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る