冬至(とうじ) 2015年二十四節気七十二候

wintry-583169_1280

12月22日〜1月5日

二十四節気『冬至(とうじ)』

一年でもっとも昼の時間が短い日が、今年は12月22日でした。

今日から少しずつ、昼の時間が長くなっていきます。

これから一番寒さが厳しい季節になっていきますが、

日中の長さとしては、折り返し点です。

とは言え、今年は冬至の日も関東では気温14℃以上と、

厳しい寒さとは言えない日々です。

各地のスキー場も、雪が少なくて苦労なさっている様子。

このまま、だんだん温かくなって行くのでしょうか。

「地球温暖化が進んでいる」と言われたり、

「地球はいやいや寒冷期に入って来る」と言われたり、

一体どっちが本当なのでしょう。

地球の46億年の歴史からすると、瞬きよりも短い我々の人生。

いくら科学が進んだと言っても、

まだまだ分からないことだらけです。

これからの時代、我々一般人の人生にも、

科学だけではなく、哲学もより必要になってくると感じます。

やはり人として生きていくには、学問が必要なんだと強く感じます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る