東山茶論 善真會

DSC_3805 mini

真の遊びを体験する茶論を目指し、

古都・東山茶論の中に「善真會」を設けました。

今後は、「これぞ遊び!」と感じる集いを定期的に開いていきます。

みなさま、どうぞよろしくお願いいたします。

 

白洲正子著『たしなみについて』河出書房新社より

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「三十五 遊ぶことは働くことと同じ程むずかしい事です。

いや、遊ぶことの方がはるかにむずかしいのではないかと思います。

(中略)

成人した大人にとって、世の中に遊びはなく、笑いさえもないのです。

いくら遊んでも笑っても、それは真の遊び、心からの笑いではありません。

しかし、その上に、ほんとうに悠悠閑閑と遊ぶ事の出来る大人が極く稀に居ます(居る筈と思います)。

それ程遊ぶのはむずかしい事であるのです。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る