麦秋至〜むぎのときいたる〜

t02200285_0360046712959008861

本日より暦は、小満の次候より末候に移りました。

二十四節気『小満』の末候『麦秋至~むぎのときいたる~』

麦の穂が実り、黄金色に染まる時期だということ。

麦は、こんな時期に実りの秋(とき)を迎えるのですね。

知らなかった~。

また、この時期に降る雨を麦雨と言うそうです。

雨にもたくさんの呼び名があるんだなぁ~。

日本の伝統色の呼び名なんかも、すごく雰囲気があって素敵。

こういう日本人の感性を、失わないようにしないと~♪

今日は、京の都から、お送りしました~。ニコニコ

(ダジャレじゃありませんよ~にひひ

o0480036012959335151

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る