竹笋生〜たけのこしょうず〜

本日から、七十二候が、末候に移りました。

二十四節気『立夏』の末候『竹笋生~たけのこしょうず~』

タケノコがにょきにょきと顔を出す頃、、、

ということですが、私の周りでは、もう半月ほどまえに

タケノコの収穫期は終わっているような気がします。

t02200165_0800060012942290402

ほら孟宗竹の竹林に残っているタケノコは、こんな感じ。見えますか?

収穫しなかったタケノコは、天を突くように

もうこんなに伸びてしまっています。これじゃぁ、食べられないよね~。

t02200293_0800106712942290400

こっちは、ど根性タケノコ!

こんなところからしっかりと命を主張しています!

t02200293_0800106712942290934

この子たちは、みんな孟宗竹です!

そして、次の主役は真竹のようです♪

竹にもいろいろ種類があって、

それぞれにタケノコの旬が違います。

まず、一番始めに来るのが、孟宗竹(モウソウチク)。

旬は3月~5月の初旬。

次に、淡竹(ハチク)。4月~5月初旬が旬。

そして真竹(マダケ)。4月~5月中旬までが旬です。

根曲がり竹の旬は、5月~6月初旬。

寒山竹(カンザンチク)の旬は、6月中旬~8月初旬。

旬とタケノコ「筍」という漢字には、深いつながりがあります。

旬というのは、通常1週間から10日間の期間をさします。

一週間から10日間で、大きく成長するタケノコは、

その成長期間から、竹冠に旬という字を当てられたとか。

それに、竹にこんなにいろいろな種類があったなんて、

二十四節気・七十二候のことを書き記すことを心に決めるまで

全く知らなかったことです。

こんなに身近にある自然のことも、意識しないとわからないんですね。

学ぶ気持ち、本当に大切だと、改めて実感しています。

孟宗竹は、いつも食べているけど、

他のは食べたことあるのかなぁ~。

食べてみたいなぁ~。

食欲だけが原動力ではありませんが、

日本の自然、本当に大切にしなければ!

そのためには、まず知ることが一番大事!と痛感しています。

もっともっと知らなければ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る