半夏生〜はんげしょうず〜 2014年二十四節気 七十二候

t02200160_0800058012991890661

(photo by クリエイティブ・コモンズ )

昨日、7月2日から、暦が夏至(げし)の末候に移りました。

二十四節気『夏至(げし)』の末候『半夏生~はんげしょうず~』

ドクダミ科の多年草 半夏生(はんげしょう)が白く色づく頃です。

少し前までは、緑一色だったものが、花が開花する時期に

半分お化粧をしたように、白くなることから、この名前が付いたとか。

片白草とも言われています。

この頃に降る雨『半夏雨』は大雨になると言われているそうですが、

現在、九州では猛烈な雨が降っています。

記録的な大雨になったところもあったそうで、

被害がありませんように、最小限におさまりますようにと願うばかりです。

t02200147_0800053412991890662

(建仁寺両足院の半夏生 京都フリー写真素材 )

いままで、緑一色だった草が、花が付き白く染まりだしたら、

大雨に注意した方が良さそうですね。

これから、関東の方にも雨雲がやってくるようです。

みなさまにも、被害がありませんように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る