芒種(ぼうしゅ)2014二十四節気

kht0037-039

 

芒種(ぼうしゅ)の芒とは、イネ科の植物の穂先にある

針のような突起のことで、『のぎ』とも読むそうです。

本日、6月5日から始まった

二十四節気(にじゅうしせっき)の『芒種(ぼうしゅ)』は、

芒(のぎ)を持つ植物の種を蒔く頃。

各地で田植えも進んでいますね。

暦には、この時期から雨も増えていくという解説が。

実際、西側から雨が降り始めてきました。

梅雨入りも近いようです。

暦って本当に精確。暮らしには、とっても役に立ちますね。

ですが、最近の天候は少し変。

高知では、1日に500mmを超える雨量を記録したそうです。

豪雨で被災なさった方々に心よりお見舞い申し上げます。

本日は、関東でも豪雨の予報が出ています。

みなさんも、どうぞお気をつけて。

kht0007-003

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る