鱖魚群〜さけのうおむらがる〜 2017年二十四節気七十二候

2017年12月17日〜12月21日頃

二十四節気『大雪(たいせつ)』の末候『鱖魚群〜さけのうおむらがる〜』

生まれた川から、大海に旅立った鮭の稚魚たちが

大人になって産卵のために、故郷の川に遡上して来る頃。

 

前候の『熊蟄穴〜くまあなにこもる〜』で冬眠前の熊たちのお話をしましたが、

その熊さんたちが、しっかり栄養を付けるために必要なエサのひとつが、

遡上してくる鮭たちなのです。

自然はうまく出来ていますね。

「神様は、必要なものはちゃんと与えて下さる。

何も心配はいらないんだ」という言葉を、聖書で読んだのを思い出しました。

ほら、こうしてお魚の方から口へ飛び込んで来てくれるんですもん。

(この写真は鮭かな?鱒かな?

大きさからするとメスの鮭だと思うのですが。。。)

 

昔、北海道に親戚がいた頃には、よく遊びに行って

美味しい海産物をたくさん頂いていました。(海産物問屋だったので^^v)

 

中でも鮭児という若い(生まれてから3〜4年目)鮭を食べたことは、

北海道の食材に関する美味しい記憶ランキングのトップ1です。

トロトロで、口のなかですぐに溶けてしまうような食感、

それでいて、まったく油っぽくない爽やかな味わいは、

いまでも忘れられません。

鮭児とは・・・https://www.siretoko.com/infokeiji.htm

 

熊さんたちが食べているのは、また違う鮭でしょうが、

テレビで見る冬眠前の熊は、本当に美味しそうに鮭を食べていますね。

 

しかも美味しいところだけ、贅沢に次々と貪っていって、

残りはポイッとその辺りに捨てちゃう。

でも、それをまた鳥たちが森の方へ持って行って食べる。

残ったものは、昆虫や微生物の餌になり、

土の肥やしになって、植物が元気になる。

 

本当にうまく出来ていると思います。

これからは、良い意味で自然に帰るLIFE STYLEを

模索して行きたいなぁ〜と、

改めてそんなことを想っていた新月の夜でした。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る