霜止出苗〜しもやみてなえいずる〜 2017年二十四節気七十二候

  • 2017-4-25
  • 霜止出苗〜しもやみてなえいずる〜 2017年二十四節気七十二候 はコメントを受け付けていません。

4月25日〜4月29日

二十四節気『穀雨(こくう)』の次候『霜止出苗〜しもやみてなえいずる〜』

平均気温が上がり、もう霜も降らなくなります。

そして、苗もすくすく育ち、これから、いよいよ田植えの準備が始まります。

 

今日も暑かったですね〜。

うちの周りの街路には、マゼンダや紅色、白のツツジが咲き乱れ、

その上に、ハナミズキのピンクや白の花が広がっています。

愛犬との散歩道は、色とりどりの花が続く道。

朝日や夕日が照らす道路は、まるでおとぎの国の街並みのようです。

 

少し歩けば、緑豊かな公園が、あちこちにあるこの街が、

私はとっても大好きです。

やっぱり、人を幸せにするのは、自然なんだなぁ〜。

 

自然と言えば、今回の候の苗。

お米は、日本人を幸せにする、大切な自然の恵みですよね。

なんでも、人間は、お水とお塩とお米とお野菜と大豆が、あれば生きていけるとか。

お米については、年間、一俵あれば生きていけるそうです。

先日、お友達のFacebookのポストで知りました。

 

このことを知って、なんか、少し安心しました。

そんなに沢山のものを必要としないで済むんだ!

これまでは、どんどん増えていく人口を養うために

多くの新しい産業が必要になって、

なおかつ、便利さを求めて進んで来た近代化。

でも、そろそろ人間が作り出して来たものを

精査する時代がやって来たのではないかと思うのです。

 

必要なモノだけ残して、いらないモノは、見直そうよ。

どこまで便利になれば良いか、

そろそろ、改めて考え直しても良い気がします。

 

そんなことを言っても、世の中を変えることは出来ないから、

せめて自分だけでも変わろうとして来ました。

少しずつ、体現出来て来ています。

更に、思い描くシンプルな生活へ。

愛でたい暮らしを追い求めて、進んで行きたいと思います。

 

お米は大事やわぁ〜。

いつか田んぼが欲しい〜。^^v

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る