熊蟄穴〜くまあなにこもる〜 2016年二十四節気七十二候

12月12日〜12月16日

二十四節気『大雪(たいせつ)』の次候『熊蟄穴〜くまあなにこもる』

熊が冬眠のために巣ごもりし始めるころ。

熊さんは、冬眠の間は飲まず食わず、排泄も行わないそうなんです。

知ってはいても、改めて聞くと驚きます。

 

そんな熊や人間の新生児の体の中では、褐色脂肪細胞が活躍していると言われています。

新生児もあまり活発に動くことができないですよね。

冬眠中の熊や新生児のように、低温下や体を動かせない状況で、

生命を維持するために不可欠な存在、

それが褐色脂肪細胞なのです。

 

これまで、人間の脂肪細胞には、白色と褐色、2種類の脂肪細胞があると思われてきました。

白色脂肪細胞とは、俗に言われる内臓脂肪や贅肉のことです。

そして、褐色脂肪細胞とは、発熱したり、脂肪の燃焼を促す作用がある脂肪だそうです。

なので、この褐色脂肪細胞が多く存在する胸や首、肩甲骨あたりを

しっかり動かして(ストレッチ&運動させて)褐色脂肪細胞を活性化させると

脂肪減少効果や痩身効果があると思われてきました。

しかし、新たな研究結果では、この他に、

寒冷刺激やノルアドレナリン刺激などにより、熱を生み出す働きをする

ベージュ脂肪細胞(ブライト細胞)というものがあると報告されています。

脂肪細胞の分化メカニズム|筑波大学大学院人間総合科学研究科 生命システム医学専攻 遺伝子制御学研究室 

http://www.md.tsukuba.ac.jp/basic-med/biochem/gene/research3.html

大人になるにしたがって、どんどん量が減っていく褐色脂肪細胞とは違って、

白色脂肪細胞組織の中に混在し、イリシンという筋肉から分泌されるペプチドホルモンの作用で

熱を生み出し、脂肪を燃焼させる働きを持つベージュ脂肪細胞。

この細胞の熱産生を促進させる方法が編み出されれば、

肥満解消やダイエットに悩む人々にとって、朗報となることは間違いないでしょう。

 

ますば、人としてなるべく自然な暮らしをして、

持てる自己治癒力を最大限活用して、

健康な生活を送ることを目指しながら、この朗報を待ちたいと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る