蟄虫啓戸〜すごもりむしとをひらく〜 2017年二十四節気七十二候

  • 2017-3-5
  • 蟄虫啓戸〜すごもりむしとをひらく〜 2017年二十四節気七十二候 はコメントを受け付けていません。

3月5日〜3月9日

二十四節気『啓蟄(けいちつ)』の初候『蟄虫啓戸〜すごもりむしとをひらく〜』

冬眠していた動物たちや蛹や卵の中で越冬していた虫たちが

目を覚まして続々と地上に現れる頃。

そう言えば、冬場は蟻の姿さえ見ませんでしたものね。

うちのマンションのお庭に、相当大きいと思われる蟻の巣があります。

冬以外の季節には、サイズもビッグな蟻さんたちが、

複数の巣穴から、忙しそうに出たり入ったりしています。

それがいつ頃からか、全く動きがなくなって、巣穴もなくなってしまいました。

蟻たちは、地下の巣の中で、卵で?幼虫で?成虫のままで?

過ごしているのでしょうか。

 

それとも、全滅しちゃったのかな?

心配になったので、調べてみました。

 

http://okwave.jp/qa/q230738.html

上記URLのOK WAVEさんの記事を参照しました。

 

蟻は、秋のうちにたくさん食べて栄養を補給しておいて、

冬場は巣の中や木の幹の中や、石の下などで、じっとして過ごしているようです。

地面に開いた巣穴は、自然と土などで塞がってしまうそう。

だから、跡形もなくなっていたんですね。

ちょっと安心しました。

 

ということは、もうすぐ起きてきて、また活動を開始するんですね。

バラやミモザの花が咲く我が家のベランダに、

蝶々やてんとう虫も現れて、また賑やかになります。

花粉症と強い風さえなければ、春はとっても楽しい季節なのになぁ〜。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る