雪下出麦〜ゆきわたりてむぎのびる〜 2016年二十四節気七十二候

  • 2016-12-31
  • 雪下出麦〜ゆきわたりてむぎのびる〜 2016年二十四節気七十二候 はコメントを受け付けていません。

12月31日〜1月4日

二十四節気『冬至(とうじ)』の末候『雪下出麦〜ゆきわたりてむぎのびる〜』

雪の下で二年草である麦の芽が伸び始める頃。

二年草とは、種を撒いてから収穫出来るまで2年を要する植物だということ。

 

麦に関する七十二候は、もう一つあります。

5月の末頃〜6月初頭にかけての二十四節気『小満(しょうまん)』の末候

『麦秋至〜むぎのときいたる〜』(七十二候の第二十四番)。

秋に撒いた種が、年末年始に雪の下で芽吹き始める。

ちょうど今の時期ですね。

そしてその麦は、土の中で徐々に育っていき、

春から初夏にかけて収穫の時を迎える。

春に突然、ニョキッと伸びて来て、

みるみるうちに畑一面に広がり人の背丈を楽に超える程になっていた麦は、

いきなり成長してきたんではなかったのかぁ〜。

寒い冬、雪の下で耐えて、力を蓄え、

そうして地上に顔を出し、実りの時を迎えていたんだ!

なんだか人間の成長物語とかぶるところがあるように思えた。

 

それは、いま私が冷たい雪の下にいるからだろうか。

そして来年の初夏には、明るい日差しの元、

収穫期を迎え始める。

そんな手応えのあるプロジェクトを構築しているところです。

寒さの中、武者震いしながら、動きはじめています。

 

「成功の秘訣は、本気になること!

失敗の秘訣は、頑張り過ぎること!」

とは、どこかのWebページで読んだ名言。

いままで頑張り過ぎてばかりでした。

今度こそ、リラックスして集中して、事を進めます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る