蛙始鳴〜かわずはじめてなく〜

t01990300_0199030012935717486

5月5日~5月9日は、

二十四節気の『立夏』の初候『蛙始鳴~かわずはじめてなく~』

冬眠から覚めた蛙たちが、元気に鳴き始める頃だそうです。

そう言えば、ここ何年も蛙の鳴き声なんて聞いたことがないなぁ。

子供の頃は、休みになると山の家で過ごしていたので、

春~夏になると、至る所で蛙と遭遇していました。

森や野原や田んぼだけじゃなくて、

庭の竹垣にもかわいいアマガエルがいました。

山奥に自然薯を堀りに行ったとき、杉林で巨大なウシガエルを見つけて、

その巨大さに驚いたり、

琵琶湖の沖で泳いでいたとき、大きな泡と共に、

水底からこれまた大きなヒキガエルが、浮き上がってきて、

恐くて、慌てて逃げ戻ったり。。。。。

夜は、蛙の大合唱で、眠れない日もありました。

いま私が住んでいる住宅街は、自然が多い方ですが、

それでも、蛙は見たことがありません。

どこかにはいるんだろうけど、普通にしていたんでは、

出会わないんですね。

蛙は、自然のバロメーターの一つなのかも。

蛙が住めるような環境を残すことが、

私たち人間にとっても幸せになれる早道なのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る