水沢腹堅〜さわのみずこおりつめる〜

thin-ice-17996_640

1月25日〜1月29日

二十四節気『大寒(だいかん)』の次候『水沢腹堅〜さわのみずこおりつめる〜』

流れる沢の水も凍り詰める頃。一年でもっとも気温が低くなり、

氷点下の日や最低気温の日が出る頃です。

暦通り、昨日は西日本全域で氷点下の記録が出ました。

奄美大島でも115年ぶりに雪が降ったそうです。

(Yahooニュース:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160124-00010001-wmapv-soci

今回の寒さが過ぎれば、平年並みか、それより暖かい気温になるようです。

そして、だんだん春が!

とうとうあと1候で、七十二候が終わります。

それにしても、やっぱり一年の区切りは、旧暦の方が分かりやすいなぁ〜。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る