寒蝉鳴〜ひぐらしなく〜 2016年二十四節気七十二候

cicada-43132_640

8月12日〜8月16日

二十四節気『立秋(りっしゅう)』の次候『寒蝉鳴〜ひぐらしなく〜』

そろそろアブラゼミに代わって、秋の訪れを知らせる「ヒグラシ」が登場する頃。

可哀想に、うちの周りでは、あちこちでひっくり返っているアブラゼミを見るようになりました。

ヒグラシは、朝夕にカナカナという鳴き声で鳴くので、カナカナ蝉とも呼ばれています。

 

ここ数日の東京・神奈川は、予想最高気温も30度ちょっと。

来週の半ばに台風が接近するまでの間、少しだけ過ごしやすい日が続きそうです。

とは言え、西日本の方では40度近い猛暑。

全国的に見ても、熱中症や脱水症状が心配な気候です。

また、エアコンの冷房による身体の冷えすぎも心配ですよね。

 

8月も既に半ばになろうとしています。

秋までに体調を調えて、心身ともに健康な状態で実りの季節を迎えたいと思います。

みなさんも、どうぞご自愛くださいませ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る