紅花栄〜べにばなさかう〜 2017年二十四節気七十二候

5月26日〜5月30日

二十四節気『小満(しょうまん)』の次候『紅花栄〜べにばなさかう〜』

今年も、最上川流域の紅花畑が紅く染まる頃です。

紅花は、古来より生薬や油、口紅などとして、日本人の生活を支えていました。

そんな紅花畑も、化学的に合成された染料の登場で、

現在では面積を減らし、観光用などに僅かに残るだけだと言います。

詳しくはWikipedia にて https://ja.wikipedia.org/wiki/ベニバナ

 

そんな紅花を昔のままの製法で、いまも作っておられる伊勢半本店さん。

数年前に、友人より伊勢半さんの綺麗なパンフレットをもらいました。

伊勢半本店 http://www.isehanhonten.co.jp

さらに数十年前、29歳の頃、京都で撮影した作品の小道具として

紅花で出来た紅をはじめて手にしていたので、

とっても懐かしく拝見したのを覚えています。

 

小さく美しい絵柄の瀬戸物の器に薄く塗りつけられた玉虫色の紅。

一見、緑色に見えるその紅を、紅筆で取って唇にのせると、

紅い色合いが浮き上がってきます。

友人から聴いたお話ですが、その紅の色合いは、

使う人によって、千差万別。自分に一番しっくりくる色に変わるのだとか。

不思議ですよね。

和のモノの良さって、そういうミステリアスなところにあるのでしょうか?

この紅花口紅は、いつか娘に買ってあげたいなぁ〜と思う逸品です。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る