鱖魚群〜さけのうおむらがる〜 2014年二十四節気七十二候

salmon-435574_640

 

12月16日〜12月21日

二十四節気『大雪(たいせつ)』の末候『鱖魚群〜さけのうおむらがる〜』

鮭が遡上を始める季節、ということです。

 

しかし、鮭の遡上の時期は、9月から翌年1月までと、かなり幅が広いそう。

では、なぜそのように長い期間の幅がある鮭の遡上を、

この時期の七十二候に持ってきたのか?

 

そもそも、二十四節気七十二候は、中国の暦を取り入れたもの。

その折に、日本の風土に合わせて多少アレンジしたらしい。

もともと中国では、鱖は「石桂魚と呼ばれる淡水魚」のことだとか。

鮭と一緒に遡上する魚だそうで、日本人にはあまり知られていませんでした。

そこで日本版七十二候の63番目『鱖魚群』に「鱖」という魚の代わりに、

日本人に馴染みの深い鮭が登場した模様。

 

本当は、鮭はもっと早く遡上してくるのです。

でないと、先に冬眠しちゃった熊さんが、鮭をたらふく食べて

冬眠中の栄養を補給できないですもんね。

我々人間も、年末に荒巻鮭が並び始めるとワクワクしませんか。

塩鮭、いくら、すじこ、あら、、、

冬場の日本人の栄養源、鮭をあますところなく食べ尽くし、

豊かな自然に感謝して、環境保護に努めないといけませんね〜。

いつまでも鮭が遡上してくれるような、川・自然を守りたいです。

 

sockey-salmon-50299_640

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る