綿柎開〜わたのはなしべひらく〜 2017年二十四節気七十二候

2017年8月23日〜8月27日

二十四節気『処暑(しょしょ)』の初稿『綿柎開〜わたのはなしべひらく〜』

綿の花が咲く頃。

 

古くから日本に伝わって来てはいたものの、

その栽培が一般に普及したのは、戦国時代後期になってからなんですね。

現在の大河ドラマ「直虎」でも、

井伊の領地である井伊の谷で木綿の栽培を行っている様子が描かれています。

<※「日本後紀」によると、799年に三河の国に、

崑崙人(コンロン人:現在のインド人)によってもたらされたという。

https://ja.wikipedia.org/wiki/木綿 ウィキペディア「木綿」参照>

 

ドラマを観ていると、綿布の使用が広がり、

三河で栽培が始まった過程がよくわかります。

そして、江戸時代にはさらに盛んになっていったそうです。

こういう風にドラマなどで見る情報は、

覚えやすくて勉強になります。

 

だから、歴史小説やドラマ、映画などが大好きです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る