蚕起食桑〜かいこおきてくわをはむ〜 2017年二十四節気七十二候

  • 2017-5-21
  • 蚕起食桑〜かいこおきてくわをはむ〜 2017年二十四節気七十二候 はコメントを受け付けていません。

5月21日〜5月25日

二十四節気『小満(しょうまん)』の初候『蚕起食桑〜かいこおきてくわをはむ〜』

太陽の光を浴びて、どんどん育っていく桑の葉を、

もりもり食べてお蚕さまが育っていく頃。

養蚕業の方々にとって一番忙しい時ではないでしょうか。

 

お蚕さまの繭からとれた絹の糸で、

美しい光沢を放つ反物が作られます。

絹の糸で織り上げられた布や帯の美しさは、

古来より人々を魅了していました。

 

日本で絹織物というと、一番馴染み深いのが

和装のキモノや帯ではないでしょうか。

ほとんど人がその感触には覚えがあることと思います。

あの滑らかな肌触りが、私は大好きです。

キモノを着る喜びの一つになっています。

そして、冬はとっても暖かくて、過ごしやすいという利点もあるんですよ。

 

さてさて、お蚕さまは、野生には存在しないということをご存知でしょうか。

私も、この候を書くために調べて、始めて知りました。

「家蚕(かさん)と呼ばれる家畜化された昆虫で、人間の手助けなしでは生きていけない」

ということです。(Wikipedia 「カイコ」より引用 https://ja.wikipedia.org/wiki/カイコ

 

日本では、江戸期に地方の藩が主要産業として力を入れたため、

各地に養蚕で栄えた地域が多く存在します。

そして、その地域毎に、「カイコ」の呼び名も違っているそうです。

(Wikipedia 「カイコ」を参照 https://ja.wikipedia.org/wiki/カイコ

とっても面白いですね。

 

今は、ポリエステルなど、手入れも簡単で着やすい素材が多く出て来ていますが、

やはり絹や麻、綿などの自然素材の着心地の良さは、格別です。

化学繊維と天然素材、どちらの着心地の方が良いか?

ということの答えは、個人の感じ方により違うかもしれませんが。。。

 

このままどんどん科学が進んでいったら、

人の感性(感じ方)も変わっていくのでしょうか。

それとも、古来の感覚は、いつまでも残るのでしょうか。

みなさんはどう感じますか?

いろいろな考えの方と、こういう話題で議論するのも楽しそうですね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る