雨水(うすい) 2016年二十四節気七十二候

drops-219686_1280

2月19日〜3月4日

二十四節気『雨水(うすい)』

これまで降っていた雪が、雪ではなく、代わって雨が多くなって来る頃。

暖かい雨が雪解けを進めます。

街では梅の花が咲き、暖かい日が増えてきました。

文字通り三寒四温で、暑く感じる程の日と寒い冬のような日と、

そして続いて春の嵐が繰り返し襲ってくる気候を迎えています。

このところ、週の半ばと週末には、雨の日が多いです。

春の嵐で、いろんな地域で被害が出ていて、とっても心配です。

最近は、突風でソーラーパネルが手裏剣のように飛んで来て、

民家を襲い、破壊していくという、恐ろしい被害も起きているようです。

科学の進歩によって、これまでには得られなかった恵も得られるようになりましたが、

その反面、これまでにはなかった困ったことも、

たくさん付随して来るようになりました。

何か新しい進歩を求めるときは、その副作用をしっかりと考慮に入れて、

恐ろしい結果を生まないように、進めて行っていただきたいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る