乃東枯〜なつかれくさかるる〜 2016年二十四節気七十二候

t02200165_0220016512984058847

6月21日〜6月25日

二十四節気『夏至(げし)』の初候『乃東枯〜なつかれくさかるる〜』

クリスマスが近づく頃に咲き始める夏枯草が、枯れる頃。

 

『冬至(とうじ)』の初候『乃東生〜なつかれくさしょうず〜』、

七十二候の第64番目の候は、この花が咲く時期を知らせています。

他の植物が咲く時期を終えて、周りが冬の只中に向かって行く頃、

咲き始めるのが夏枯草。正式な名前は「ウツボグサ」です。

円筒形の花の形が、弓矢を携帯するための「靱(うつぼ)」という

入れ物に似ているということでついた名前だそうです。

「夏枯草(なつかれくさ)」というのは、利尿・消炎作用のある生薬としての花穂の名称。

温帯域の日当たりのいい山野に群生する多年草です。

(Wikipedia「ウツボグサ」を参照。  https://ja.wikipedia.org/wiki/ウツボグサ )

 

そんなウツボグサは、真夏を迎えようとするこの時期、枯れて行きます。

自然の営みは、実に不思議ですね。

多くの草花が辿るリズムとは反対のリズムで生きるウツボグサ。

こんな性質を持った数少ない草花には、どんな御役目があるのでしょう。

 

自然が作り出すものに、無駄な物はないはず。

きっと何らかの重要な役目をになっているものと思われます。

「神様が生み出したものに、無駄なものは何一つない」

そんな風に感じているのは、私だけでしょうか。

 

どんよりと曇った空が続く梅雨の時期、

陽の光を浴びる時間が減って、セロトニンの分泌量も減り、

気分までどんよりしがちですが、

そんなときは、ウツボグサを思い出したいと思います。

生命はみんないろいろ。みんなそれぞれの御役目を持って生まれてきているのでしょう。

きっと私たちも、何かしら誰かの役に立つことが出来る存在のはずです。

この世に生まれたからには、きっと誰かのお役に立っているんです。

私たちを必要としてくれる人や場所があるはず。

そう考えると、たとえ落ち込んでいても、少しは元気が出るかな?

半年に一度の大事な節目の時期に登場するウツボグサさん、ありがとう!

今年も折り返し地点に来ました。

またあなたに会える年末まで、

あと半年、がんばりますよ〜♡

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る