水始涸〜みずはじめてかるる〜 2016年二十四節気七十二候

winter-111212_640

10月3日〜10月7日

二十四節気『秋分(しゅうぶん)』の末候『水始涸〜みずはじめてかるる〜』

田んぼの水も抜かれ、稲刈りが始まる時期です。

しかし、今年はどうなんでしょう。稲刈りが順調に進むのか心配です。

例年になく台風の到来が遅れたかと思っていたら、

その後、ひっきりなしに新たな台風が発生して、

連日、雨風に襲われる毎日。

日照時間もまれに見る少なさという2016年9月。

各地の農家さんの苦しみが、伝わってきます。

我が家でもいつもお世話になっている路地物の野菜を直売なさっている

ご近所の農家さんも、この所めっきり品数が減りました。

全国から報告されている自然災害の脅威を、

それによって起こっている被害を、ニュースで観ていると

何も出来ないでいる自分が嫌になってしまいます。

メディアが発達して、世界各国の状況が日々刻々配信されるいま、

毎日喪に服さないといけないような気持ちになってしまいます。

自然災害にさらされる毎日、せめて人的災害を起こさないように、

自然のバランスを壊すようなことは、これ以上しないように、

本気で取り組まないといけないと痛感します。

これからのビジネスは、利益を追うためだけの

奇をてらったアイデア勝負の商品や企画・サービスではなく、

人間の本質に立ち返り、自然の一部として共生するための商品やサービスを

作り出していかなくてはいけないと肝に命じています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る