啓蟄(けいちつ) 2016年二十四節気七十二候

lady-113151_1280

3月5日〜3月19日

二十四節気『啓蟄(けいちつ)』

地中で冬を過ごしていた昆虫や両生類や、いろんな生き物が目を覚まし、

地上にぞくぞくと出て来る頃。

小さな春の花たちが咲き始め、土筆が顔を出し、

てんとう虫などの姿も見られるようになってきます。

まだ暑くなったり、寒くなったり、、、

三寒四温は続いていますが、

空気には春の香りがいっぱい含まれていますね。

私は、待ちきれずに半袖のアイテムや

単衣のキモノを早々と出してしまいました。

今期の冬は、データでもわかるように、かなりの『暖冬』だったそうです。

ですが、今週末にはまた猛烈に寒くなるとか。

最後の寒さかなぁ〜?と思う日が、あと数回あって、

その後、一気に暑くなるというのが、例年通りの展開でしょうか。

今のうちに、ブルゾンやセーターを、いっぱい着ておかなくちゃ。

例年、それらのアイテムをほとんど着ないまま、

あっと言う間に、調度良いシーズンが終わってしまいます。

大好きな洋服も、大事に置いておくばかりじゃなく、

ちゃんと着ておかなきゃ勿体無いですもんね。

 

今年に入って、本当に年齢を感じることが多くなり、

身の回りの整理も、本気で進めたくなってきました。

私が逝ってしまった後、残された夫や子どもたちが、

遺品の整理で困ってしまわないように。

持ち物も、どうしても必要な物以外は、処分するようにしています。

そんな中、ほとんど着ていない想い出の洋服がたくさんあって、

とても残念な気持ちになっているんです。

「これは、主人と一緒にジャズを聴きにいった時のワンピースやわぁ〜」

「主人に初めて買ってもらった、ジャケット!」なんて、

次から次へと想い出が蘇ってくるんですもん。

断捨離もなかなか進みません。

でも、心を奮い立たせて、頑張っています。

これからは身軽に、潔く、人生を歩んでいきたいですもの〜♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る