蒲華〜あやめはなさく〜 2014年二十四節気七十二候

t02200147_0800053412988926900

最近、移動が多くて、暦の変わり目にアップできなくて、

ずっとズレて更新してしまっています。

今回の菖蒲華~あやめはなさく~も、

6/26~7/1の間のお話です。

二十四節気『夏至(げし)』の次候『菖蒲華~あやめはなさく~』

もう終わってしまう~。ということで、

慌ててアップしています。

菖蒲華、あやめの花が咲く時期ということです。

「いずれがあやめかカキツバタ」という言葉がありますが、

どれも甲乙付け難いくらいに美しいという意味ですが、

見分けが付き難いという意味でもあるそうです。

でも、大雑把な見分け方があるようです。

あやめは乾いた所に育ち、

カキツバタは水中や湿ったところに、

そして、同じくよく似た花 花菖蒲は、

湿ったところに育つそうです。

あやめが咲き始めたら、本格的な梅雨の始まりともいいます。

昔の人は、あやめが咲くのを見て、梅雨の到来を知りました。

農家の方々が待ち望んでいる季節です。

生活の中で不自由の元になる季節を征服しようとしている今と違って、

季節が生活の一部だった頃、

暦は大切なパートナーだったんでしょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る