葭始生〜あしはじめてしょうず〜 2017年二十四節気七十二候

4月20日〜4月24日

二十四節気『穀雨(こくう)』の初候『葭始生〜あしはじめてしょうず〜』

葦が生育し始める頃。

河川敷などに群生する葦。冬場は一面枯れたベージュ色になっていますが、

これからは緑の葉を旺盛に伸ばしていきます。

地下茎で広がっていく葦は、暑い夏ほどよく育つとか。

その生育力は脅威的ですが、

この葦という植物は、人間や動物の暮らしにとって、

とても大事な役割を多く果たしています。

 

動物たちには、身を隠す場所や巣となる場所を与えています。

水生動物も多く暮らす葦原は、自然の分解能力や浄化能力に長けているので、

環境保護の観点からみても、とても大事な場所なんです。

 

そして、人間の暮らしに関してみると、

古くは、古代エジプトのパピルスや、日本神話に出てくる葦舟。

楽器では、西洋のパンフルートなどの葦笛や、

西洋木管楽器のリードなども、葦で出来ています。

そして、私たちに一番身近なのは、葭簀(よしず)といわれる簾(すだれ)ですよね。

このように、とってもとっても役に立つ植物なんです。

ここで、この候で毎年お伝えしていることを今年も。。。

葭簀(よしず)という単語が出てきましたが、

『葭(あし)』を『よし』と読んでいます。

これは、もともと葭(あし)と読まれていたけれど、

あし→悪し(あし)に通じるものがあるということで、

縁起を担いで、葭を『よし(良し)』と呼ぶようになった

ということなんです。

古い時代には葭(あし)、時代が上がって来て葭(よし)と

読む・呼ぶようになったそうです。

 

人は、いろいろな縁起を担ぎながら、

厳しい時代を生き抜いて来たんですね。

科学が進歩した現代に生きる私も、

良い意味で、粋な縁起の担ぎ方をして

生きていきたいなぁ〜と思う今日この頃です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る