菜虫化蝶〜なむしちょうとなる〜 2016年二十四節気七十二候

brown-209106_1280

3月15日〜3月19日

二十四節気『啓蟄(けいちつ)』の末候『菜虫化蝶〜なむしちょうとなる〜』

蝶々が羽化して、羽ばたいていく頃。

我が家にも、蛹のまま冬を越したものが3頭います。

今日もまだ動きはありませんが、明日辺りにひょっこり羽化していくのかしら。

さて、先ほど蛹を「頭」で数えましたが、一般には「個」で良いようです。

蝶々の数え方も、学術的には「頭」と数えるそうですが、

『新明解国語辞典』では、「羽、匹、頭」どれも載っています。

学術的には、昆虫類はすべて頭だそうです。

家畜を「頭」で数えることから始まって、動物学上で「頭」が用いられて、

そこから学者さんたちがすべての生き物を「頭」で数えるようになったとか。

 

因みに私が大好きな和装関係では。。。

反物の数え方は一反・二反、着物・長襦袢・羽織などは一枚・二枚、

帯は一本・二本、足袋は一足・二足。

洋服の場合とあまり変わらないみたいです。

ただ袴は一腰という耳慣れない数え方ですね。

数え方って面白いですね〜。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る