桐始結花〜きりはじめてはなをむすぶ〜 2016年二十四節気七十二候

  • 2016-7-22
  • 桐始結花〜きりはじめてはなをむすぶ〜 2016年二十四節気七十二候 はコメントを受け付けていません。

kiri0013

7月22日〜7月26日

二十四節気『大暑(たいしょ)』の初候『桐始結花〜きりはじめてはなをむすぶ〜』

桐の花は5月頃に咲きますが、その花が実をつける頃。

 

 

桐と言って、一般的に皆さんが思い浮かべるイメージとしては、

源氏物語の桐壺の更衣とか、豊臣秀吉の桐の御紋とか、

日本政府のパスポートの表紙の紋様などが一番身近に目にするケースでしょうか。

皇室でも五七の桐をご使用とのこと。

明治神宮は五三の桐、あっ、そうだ!五百円硬貨の裏側の紋様も桐ですよね。

そして私にとって桐というと、一番先に思い浮かぶのが、桐の箪笥です。

 

祖母が大事にしていた桐の箪笥には、綺麗なキモノや帯、

帯留め・帯締や小物、和装バッグなどが入っていて、

宝物の箱のような気がしていました。

 

そして何より、

この桐の箪笥に纏わるお話がとっても好きなのです。

杉の木は約80年くらい経たないと、使用出来るまでに育たないのに対して、

桐の木は約20年ほどで使用可能なサイズに成長するということ。

そこで、昔の人は娘が生まれた時に、桐の木を植え、

二十歳を過ぎて結婚をする年頃になっていった時に、

その桐の木でお嫁入り道具の箪笥を作る、

という習慣があったようです。

 

子供の成長を見守りながら、大人になる日を夢見て、

いろいろな準備をしていくって素敵ですよね〜。

娘にはしてあげられなかったことが残念ですが、

孫が出来たときは、娘や息子が孫に好きなことをしてあげられるように、

最大限の協力をしたいと思います。頑張らなきゃ♪

こうしてこの候の記事を書く度に毎年想いを新たにする私です。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る