蒙霧升降〜ふかききりまとう〜 2016年二十四節気七十二候

morning-652052_1280

8月17日〜8月22日

二十四節気『立秋(りっしゅう)』の末候『蒙霧升降〜ふかききりまとう〜』

夏の終わりを迎えて、深く霧が立ち込める頃。

今年は、例年になく台風の発生が遅く、この時期になってやって来ました。

いま関東地方は強い雨に見まわれ、強風が吹いています。

小さな地震もあちこちで発生しています。

川内原発も伊方原発も稼働中の中、滅多に地震が起きない山口県でも地震がありました。

このところ自然は、人間の想定外の出来事ばかり。

有史以降なんて、長い地球の歴史の中では、ほんの一瞬の出来事なのですから、

ほんのちょっとの揺らぎも、人間にとっては脅威になるのでしょう。

そこへ自然界には無いものを次々と生み出す人類。

ますます想定できない事態を招くことに。

宇宙のバランスを取ろうとする自然に逆らわず、

自然を守って生きていく道はないものか。

そのために何が出来るか。もっと勉強をして、

自分の言葉で発言出来るようになりたいと、痛切に感じます。

台風7号が、どこにも被害を出さずに収まってくれますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る