美とは? 美学? 哲学?

光峯HP

(画像は、日本が世界に誇る錦織の光峯様HPより その美しさにため息が!!!)

「美しさには、理由がある。美には必ず、納得のいく訳がある。

人を感動させるもの・こと・ひとには、ちゃんとした訳がある」

 

美とは?

「美しさってなんでしょう?」

何年も前、美魔女ブームが起こった頃、

私はHPやブログで、書き続けてきました。

「美とは、すべてのもの(人・事)が、すでに持っているもの」

その頃の私は、直感的にそう感じ、世の中の美容ブームに疑問を感じ、

私達大人世代の女性たちが、高価な美容商材に惑わされず、

「自分自身の内なる美を目覚めさせるべきだ!」と、

声高に叫んでおりました。

 

最近では、仕事を通して、本当に美しいもの・ひと・ことに出会うことが、

とっても多くなって、さらにあることに気づきました。

「美しさには、理由がある。美には必ず、納得のいく訳がある。

人を感動させるもの・こと・ひとには、ちゃんとした訳があるんだなぁ〜」と。

 

美しいひとに共通するものは、力(チカラ)。

意思力、努力、精神力、、、

直向に自分の意思を貫いていく強さ、一つのことを突き詰めて継続していく強さ、

ぶれない精神の強さ、自分のごだわりを信じる強さ、、、、、

ありとあらゆる+のチカラが背景に潜んでいるような気がします。

そして、そんな美しいひとが創りだすものは、決まって美しい。

儚く、か弱そうに見えるものでも、美しいものの奥には、

必ず凛とした強さがある気がするのです。

 

人や動物、植物は、子孫を残すために、美しさを追求しています。

異性の注目を集めることは、生物の繁栄のために欠くべからざるもの。

美しさは、それだけで本能的なレベルで、価値がある。

だからいつまでも、美しい色気は大切なのだと思います。

(和法・武道礼法を習っている釈正輪大阿闍梨様の監修済み♪)

 

自分を追い込んで、精進して、学び続けていきたいと思います!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る