蛙始鳴〜かわずはじめてなく〜 2017年二十四節気七十二候

5月5日〜5月9日

二十四節気『立夏(りっか)』の初候『蛙始鳴〜かわずはじめてなく〜』

オタマジャクシに手が生え脚が生え、蛙さんに成長する頃。

 

私は、小さくて輝くようなビリジアンブルーの

モリアオガエルが大好きです。

それは、幼いころの想い出があるから。

幼いと言っても、中学生〜高校生の頃の想い出なのですが、

当時、家族が避暑地として使っていたセカンドハウスに、

叔父たちが作った細い竹のフェンスがありました。

この季節になると、その細い竹の先から、

隠れていたモリアオガエルが顔出すのです。

 

雨水が溜まっている竹の筒からひょっこり覗くその顔は、

本当に可愛くて、見ていて飽きませんでした。

そんな想い出があるので、私はあの小さな真緑の蛙が大好きです。

 

みなさんにも、そんな想い出があるのではないでしょうか。

子供の頃に触れた自然の中のほんの小さな想い出。

自然は、いつまでも忘れられない経験を、私たちに与えてくれます。

これからの子供たちにも、そんな想い出を残す機会が

いっぱいありますように。

自然の大切さを、強く感じる毎日です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る