白露(はくろ) 2017年二十四節気七十二候

2017年9月7日〜9月22日

二十四節気『白露(はくろ)』

朝夕の気温が下がり、夜中に冷やされた大気が、

朝日を浴びて結露して草木の上に白い玉として降りてくる頃。

 

今年の白露は、朝露より先に、薄い霧のような靄を見る機会が多かったです。

最近では、私が子供だった頃の昔と違い、

毎年、9月半ば過ぎまで真夏のような暑さが続いていましたが、

今年は驚くことに、9月になった途端に、秋を実感出来るような涼しい日が続きました。

 

気持ちの良い秋風が吹き、清々しい日が続き、

本当なら喜ぶべきことなんだけど、喜んでいいの?

異常気象が原因なのでは?と心配になってしまいます。

 

物騒な話題が飛び交い、自然までもが牙を剥く世の中。

そろそろ人間が、この文明社会になれて、過去の過ちを省みて、

新しい生き方を模索し始める時期が来たのではないかと思います。

いまの若い人たちは、凄い!素晴らしい!

彼らの活躍に期待しています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る